立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会

立川の花火大会は、昭和29年の第1回納涼花火大会以来、今年で60回目を迎えました。
2018
1123日(金・祝)

午後6時~7時



「第60回 立川まつり国営昭和記念公園花火大会」
は終了致しました。
多くの皆様にご来場いただきまして
誠にありがとうございました。

立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会

新着情報


概要・アクセス

概要

名称 立川まつり国営昭和記念公園花火大会
開催日時 平成30年11月23日(金・祝) 18時~19時
雨天決行 荒天の場合中止
※打ち上げ現場において風速が継続して秒速7メートル以上の場合は荒天と定義され、打ち上げ中止となります。(東京都多摩環境事務所火薬電気担当)
観覧場所 国営昭和記念公園 みんなの原っぱ(東京ドームが2つ入る広さ)
入園料 ¥450(15歳以上)※当日は午後4時以降入園料無料予定
特別協賛者観覧チケット 10月1日(月)より販売開始予定
打上総数 6,000発(予定)
※三寸玉~一尺五寸玉5発以上、ワイドスターマイン、芸協玉、匠玉等
昨年実績 5,000発
※打ち上げ開始から終了までの間、観客を飽きさせない演出が特色です。
交通機関案内 JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
※JR青梅線西立川駅からのアクセスは大変混雑し、西立川駅周辺並びに駅構内ホームの幅が狭く、飽和状態となり大変危険です。特に帰りの混雑による乗車待ち時間は、JR中央線立川駅を利用するよりも長くなります。事前の事故防止のためにもJR中央線立川駅・多摩モノレール等をご利用頂きますよう、ご協力をお願いします。
交通情報 公園周辺の一部道路は交通規制が行われる予定です。
また、園内は駐車場も早い時間で満車となり、当日の周辺道路は大変混雑しますので車の利用はご遠慮ください。なお、花火大会用の駐車場はございません。
昨年度来観者数 約26.1万人(国営昭和記念公園内来観者)外周道路等含め67.9万人以上
その他 国営昭和記念公園花火大会実行委員会では、立川・昭島両警察の指導の下、観客の危機・安全管理上の見地からメインの観覧会場である国営昭和記念公園内 みんなの原っぱ への観客の誘導を促しております。
花火大会が開催される一晩に出されるゴミの量は60トン以上です。この多くのゴミについては、臨時リサイクルセンターを会場各所に設け、分別収集することで産業廃棄物としての処理量削減に成功しており、資源ゴミ回収、捨てられるゴミの減量に向け努力をしています。
お願い 国営昭和記念公園内(観覧会場)へは、玩具花火等を含む火薬類のほか、法律で禁止されている物、危険物の持ち込みは禁止されています。また、ビン類の持ち込みもご遠慮ください。安全な花火大会運営のため、皆様のご協力をお願いします。
主催/構成団体.他 【主催】立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会
【構成団体】立川市/立川商工会議所/立川観光協会/立川市商店街振興組合連合会/公益社団法人立川青年会議所/国営昭和記念公園管理センター(昭和記念公園 パークス共同体)
【共催】国土交通省関東地方整備局国営昭和記念公園事務所
【後援】東京都
【特別協力】陸上自衛隊立川駐屯地

アクセスマップ


花火をより楽しむためのコンテンツ


その他

歩きスマホに関する注意

歩きながらのスマートフォン等の操作や急に立ち止まることは周囲とのトラブルの原因となり、大変危険です。混雑する場所で操作する際はご注意ください。
また、事故の危険以外にも、個人情報の漏えい、危険な場所への立ち入り等、様々なトラブルにお気をつけいただきますようよろしくお願いいたします。
なお、ポケモントレーナーの皆様はこちらをご覧ください。